木の飾り

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別でき

木の飾り
糖尿病の宅配食が安い人気おすすめランキング >> 糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別でき
木の飾り

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活の改善なくして治療はおこなえません。

体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンに異常が見られ、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、実り多き時間を過ごすことです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にも繋がります。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「あなたには何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。自覚症状のない病気の場合は、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、病状が顕著になりはじめます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病予備軍の段階から見うけられます。

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やっぱり夕食がどうしても多くなってしまいます。

食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が満たされたりするからです。忙しいとき、シゴトの合間に食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにして下さい。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って下さい。各種の栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

それぞれに相応しいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取においてひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、多く含まれている栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)によって、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量=80kcal(1単位)として記載しています。

食品交換表を活用することで、献立づくりの悩み解消にもなります。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)のバランスを考えることが重要になってきます。

代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、適切なタイミングで食べものを摂らないと、状況次第では低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。

季節の変化を取り入れた献立造りや、外食の仕方にもアイデアを組み込んで、充実した食事療法を行って下さい。

「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。

1日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯を少なく摂ることが大切です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。人は年齢と供に筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へと繋がります。食後は特別、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。

食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。

体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)が乱れると2型糖尿病や肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)のリスクが上昇します。

日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)」によって制御されています。「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)」と日々の生活スタイルは、密に関係します。

「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して調査する新しい研究分野です。

糖尿病というと、制限された食事と思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)を照らし合わせながら実践することが重要になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、一般の健康な方たちにかなり必要なことなのです。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2017 糖尿病の宅配食が安い人気おすすめランキング All rights reserved.
木の飾り