木の飾り

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といっ

木の飾り
糖尿病の宅配食が安い人気おすすめランキング >> 糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といっ
木の飾り

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。

とり所以、食事の習慣・生活習慣が大きく影響し発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その通り状態が進行し悪化すると多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)に由来するため、治療には食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)とよばれるホルモンが上手くはたらかなくなり、血糖値が上昇したままの状態がつづく病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生する多彩な病症からの回避に繋がり、健康的な心とからだを保ち、人生をたのしみながら送れるようにすることです。治療法は色々ですが、正しい指導のもと食事療法をとおして、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素の種類がバランスよくふくまれているかを考えて選ぶことが大切です。

代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。

時節の変化を取り入れた献立つくりや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてちょうだい。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがある所以ではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを考えることが大切になります。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。多彩な種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量=80kcal(1単位)として記載しています。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立づくりの悩み解消にもなります。

「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯を少なく摂ることが大切です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。

そしてご飯は半分のこしましょう」と、指導しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。

日々の睡眠・体温・血圧、或は体内の糖代謝・脂質代謝といった、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」と密接に関わっています。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性がもたらす作用について新しく研究する分野です。人は加齢とともに筋肉でのインスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)による糖取り込みが減少します。

そのため、血糖値が上昇しやすくなります。

特に食後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。

食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。

併せて、ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方立ちのなかで、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)で大丈夫、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、からだの中では、すでに変化が起き初めています。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)の数値に変化が及ぶ状態は、自覚症状のない時から出てきます。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。仕事で時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。

血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてちょうだい。

糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2017 糖尿病の宅配食が安い人気おすすめランキング All rights reserved.
木の飾り